融資額は本人が返せる程度

融資額は本人が返せる程度

サラ金でも金融機関でも同じかもしれませんが、融資限度額につきましては、本人の収入を元に決められていますので、本人が返せないほどのお金を融資するということはまずありません。

 

それにつきましても、法律で決められているということもあって、決められた金額以上の借金ができないようになっております。ちなみに金額に関しましては合計額で決められますので、そこで借りていなくてもほかの借り入れが多ければ新たに借りることはできないということになります。

 

ここでわかることは利用者が借りすぎることを防止していることと、いろんなところから借りていると、もう借りられなくなるということです。これはサラ金だからということではなく、金融機関などから借りた場合でも収入によって限度額は変わってまいります。

 

このように限度額が設けられているということは利用者自身がお金の使い方を見直さなければならないことを自覚することが求められています。

 

また、サラ金でなくても、お金に対する信用は自身で返済をしていくことでしか得られないということですから、融資額が少ないといって新たに借りるようなことがないようにしていただきたいものです。

 

新たな借り入れは返済を困難にしてしまい、生活が困窮してしまう要因になってしまいます。ですから、制限があることは自分のことを心配してくれていると思って利用するようにしてください。それが賢い利用、生活費の定期的な見直しにつながるはずです。